おもしろ

ついにエントリー

ついにエントリー

(公開: 2014年9月 1日 (月)

ついにエントリーする時という状況では第一に準備をしなくてはいけません!

取引を始める前、起こる事を客観的に見ることができる余地があります。

 

ところが、ただ一度売買の中に深入りするとどうやっても物の見方が独りよがりになり重要な時にしっかりとした状況がわからなくなる不安があります。

 

そのためにあなたの頭の中が冷静な場面でちゃんとした準備をしておくことが重要です。

 

"準備"のためには、始めにあなただけの台本を作成する事からスタートする。

 

投資状況はこうなるだろうから、ユーロを取引するというような自分なりのシナリオを立てていくのだ。

 

次に相場を調べましょう。

 

それ以前の相場の上がり下がり見極めて今の値動きを調べます。

 

そうしたら、「今日は低い状態である」それとも「今となっては大勢の人がエントリーしているからこの後遅れてしかけても今さら遅すぎるな」などと分かってきます。

 

当然ですが今さら売り(または買い)するがやりようがないと思ったならばその状況ではすっぱりと吹っ切ることが重要です。

 

どう試みても物語を引き下げないで諦めずにトレードすると為替相場に押し返されて、反対にマイナスになります。

 

そうは言ってもたいがいの場面で事前に準備しているあなたなりのシナリオを書いておけば、取引が遅いなということにはならないでしょう。

 

たぶん、現実に市場が動意づく前の状態のはずだからです。

 

次に、自分が注文しようとする通貨ペアの動きをきちっと調べる事が肝心。

 

例えばドル高に向うであろうというシナリオを書いたのであれば、該当する外貨の変動に注意を払っておきます。

 

市場の変動を確認し始めたばかりでは、まだ該当の通貨は分かりやすく変動する気配を見せることなく上や下に小幅な変化を繰り返しているだけでしょう。

 

だが、その上下動を正確に気をつけているとある場面で少しずつ、ドル高へと市場が変化し始めます。

 

この状況で、ドル買いのエントリーします。

 

これだけ計画的に計画を考えておけばそのエントリーで稼げる率は結構高まります。

 


まずはじめに

まずはじめに

(公開: 2014年9月 1日 (月)

ありふれたはじめたばかりの人向けのFX投資のテキストでは、「マイナスになった状況ではナンピンを入れることによって、ポジションの買い付けコストを下げる」などと助言されていると思いますが現実的にはそれは相当の隠れたリスクがあると思います。

 

最初に、ナンピン買いのロジックに関して易しく記述します。

 

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$買いのため、ドル高に推移するほど黒字が大きくなるわけですが、不幸にして1ドル95円までドル安方向に進んだとします。

 

このままの状況でポジションを保持し続けたら損がなくなるまでには、5円分、ドル高に動く必要があります。

 

投資家であれば、損は早急に取り戻したい思うでしょう。

 

それを解決するためはじめに売買したのと同額のドルを、1ドル=95円で取引します。

 

そうすると、平均の買い付けコストは97円50銭まで下げることができます半分の幅でドル高が進行すれば赤字を取り戻す事が出来ます。

 

こういったことがナンピンのやり方です。

 

このとおり、ナンピンの理論を知ると「納得だ」と考えるが相場は易々と上手くはいきません。

 

初めから、1ドル=95円が下値だということなど、予想できません。

 

市場が相当に強い円高トレンドであるならば1ドル=95円では収まらず、より円高になるリスクは高いです。

 

たとえば、97.50円でナンピンをするとしても、95円まで円高ドル安になったら、ナンピンを入れたポジションも赤字が生じてしまいます。

 

この状態では、一番初めに取引したドルと同時に二重のマイナスを被ることになる。

 

例示したとおり、ナンピン買いはややこしいです。

 

それなら、相場が己の脚本とは逆の方向に素早く向ってしまった場合、どんな手法で危険性を回避すればいいのでしょうか。

 

この場面では選択できる方法は多くはありません。

 

まずひとつは潔くあきらめて、損切りをすること。

 

もうひとつの方法としてはその時点で、持っている買いポジションを小さくする事で、マーケットが戻るのをひたすら待ち望むことです。

 

だいぶ後ろ向きな手段だと言う投資家もいます。

 

だが、自分が所有している買いポジションに為替差損が生じた時、最も妥当な方法はこの他にはありません。

 

無論、理論としては、ナンピン買いをするという術もありえます。

 

けれどもナンピン買いは自身が損失を披っているにもかかわらず、買いポジションを縮小するどころか遂に買いポジションを重ねていく方法である。

 

これでは、危険を回避することなど、どう考えてもやりようがないと思ったほうがいいです。

 

ナンピン買いを続ければいつかは損失が回復するかもしれません。

 

だが、それ以前にお金が足りなくなってしまいます。

 


借金整理の方法

借金整理の方法

(公開: 2014年8月28日 (木)

特定調停というのも任意整理による解決と変わりなくそれらの債権を持つものに返金を行っていくことを選択する借金整理の方法なのです。

わかりやすくいうと裁判所が関係する負債整理と考えることができます。

 

任意整理による方法と同じように、破産手続きと違って一定のお金のみを処理することになるので連帯保証人が付く借入金を除き整理をする場合やマンションのローン以外だけを手続きしていく場合等も活用することが可能ですし全ての財産を処分してしまう必要がないためクルマや不動産などの自分の資産を所有しているものの放棄してしまいたくない状況においても有用な債務整理の手続きになるでしょう。

 

しかしながら、後々返済が必要となる額と所得額を検討して、おおむね返済の目処が立てられるようであればこの方法で処理を進めるほうが良いですが自己破産手続きと違って借金そのものがクリアになるのではありませんので借金の総量が巨額なような場合は、この選択をするのは困難であるということになります。

 

なお、特定調停は裁判所が中に入るため弁護士などのプロにゆだねなくてもリスクが増えるようなことはないということや処理のためのコストをおさえられるという点はあるのですが各債権者からの督促に対して債務者本人が対応する必要がある点や、実際の裁判所に何度か通う必要があるという注意点もあります。

 

それから、任意整理による手続きと比較すると、最終段階でも同意が得られない場合は借入利息をすべて付けた状態で返済していかなければならないといった点や結果的に債権者に対し返済する金額が任意整理による解決の場合よりも割が合わない傾向がみられるという覚えておきたい点もあります。