借金整理の方法

特定調停というのも任意整理による解決と変わりなくそれらの債権を持つものに返金を行っていくことを選択する借金整理の方法なのです。

わかりやすくいうと裁判所が関係する負債整理と考えることができます。

 

任意整理による方法と同じように、破産手続きと違って一定のお金のみを処理することになるので連帯保証人が付く借入金を除き整理をする場合やマンションのローン以外だけを手続きしていく場合等も活用することが可能ですし全ての財産を処分してしまう必要がないためクルマや不動産などの自分の資産を所有しているものの放棄してしまいたくない状況においても有用な債務整理の手続きになるでしょう。

 

しかしながら、後々返済が必要となる額と所得額を検討して、おおむね返済の目処が立てられるようであればこの方法で処理を進めるほうが良いですが自己破産手続きと違って借金そのものがクリアになるのではありませんので借金の総量が巨額なような場合は、この選択をするのは困難であるということになります。

 

なお、特定調停は裁判所が中に入るため弁護士などのプロにゆだねなくてもリスクが増えるようなことはないということや処理のためのコストをおさえられるという点はあるのですが各債権者からの督促に対して債務者本人が対応する必要がある点や、実際の裁判所に何度か通う必要があるという注意点もあります。

 

それから、任意整理による手続きと比較すると、最終段階でも同意が得られない場合は借入利息をすべて付けた状態で返済していかなければならないといった点や結果的に債権者に対し返済する金額が任意整理による解決の場合よりも割が合わない傾向がみられるという覚えておきたい点もあります。